女性に嬉しい治療

正面を見つめる両目

二重まぶたにする整形術には、部分切開法や全切開法があります。これは、上まぶたの皮膚の一部に切れ込みを入れたり、たるんでいる部分を全て切除したりして、その上で二重の形になるように縫合するという整形術です。これにより、まぶたはきれいな二重になりますが、メスを使って切るわけですから、施術後には炎症を起こして一時的に腫れたり、傷跡が残ったりします。 ところが埋没法なら、炎症はごくわずかしか起こりませんし、傷跡に関しては全く残りません。埋没法は、上まぶたをめくり上げ、そこから糸を通して表面の皮膚を内側に引っ張るという整形術です。引っ張られることで上まぶたにはくぼみができるのですが、このくぼみを複数の箇所につければ、くぼみ同士がつながって溝ができます。そしてこの溝により、二重まぶたになるわけです。糸を通すだけですからダウンタイムが少なく、そこが大きなメリットとなっています。

埋没法は、部分切開法や全切開法と比べると、ダウンタイムだけでなく施術にかかる手間も少ないです。そのため料金も、これらより安めになっています。 具体的には、両目で5万〜10万円ほどが埋没法の料金相場です。ただしこれは、それぞれの上まぶたに2箇所ずつ糸を通した場合の料金相場です。よりしっかりとした深い溝を作るには、多くの箇所に糸を通す必要があります。その場合は、その分手間がかかることになるので、料金もアップすることになります。 だいたい、1箇所増えるごとに1万円ほどアップします。両目のそれぞれで1箇所ずつ増やす場合にはトータルで2万円ほど、2箇所ずつ増やす場合には4万円ほどアップするわけです。糸を通す箇所によっては、トータルで20万円ほどの費用がかかる場合もあります。